読者からのお便り

 ほら、うちの家の前から見える杉山の後ろに、トマト団地のハウスがあるでしょう。あそこんとこに出っ張ったとこがあってね。堀があって、上に屋敷になる所があったわけ。そこに菅沼俊治(すがぬま としはる)ちゅう殿様が住んでおっただけど。この人は、後亀山天皇(ごかめやまてんのう)の孫になる小倉の宮ちゅう人を天皇陛下にしようと思うとっただけど。足利幕府が約束を破って後花園天皇(ごはなぞのてんのう)を立てたため、同じように小倉の宮を天皇にしようと思うとった北畠満雅(きたばたけ みつまさ)ちゅう武将が、兵を挙げて足利と戦うちゅうことで、それを聞いてね、菅沼の殿様も伊勢まで出かけて行っただけど。その満雅ちゅう武将が、伊勢の戦いで殺されちゃったもんで、小倉の宮は足利方と和睦して嵯峨に帰ったわけ。戦争に負けたちゅうことで、俊治ちゅう人も菅沼へ帰ってきたもん。
 帰ってきただけど、どうもこの男は、わしに刃向かいそうな感じがするちゅうことで、6代将軍足利義教(あしかが よしのり)は、土岐(とき)の新三郎定直(しんざぶろう さだなお)に「菅沼俊治の首を取れ」ちゅう命を出すだけど。この頃は、今のような携帯電話とかなくても、京都から隠密が行き来をして様子を探っとったわね。
 そいで、これを討てば、お前にこの領地をやるちゅうことで、新三郎定直は菅沼城を攻め囲んで、遂に俊治の首を挙げて、菅沼氏は滅びるわけ。
 実を言うと、菅沼俊治は、菅沼九朗左ヱ門忠通ちゅう武将の長男で妹がおっただけど、土岐から鷹狩りに来た武将が、俊治の妹に惚れ込んで作った子どもが新三郎定直ちゅうこと。新三郎定直は、叔父さんの首を取って叔父さんの領地を貰ったちゅうことになるわね。土岐から来た新三郎定直は、その功績に依って俊治の領地を貰って、菅沼信濃守新三郎定直という称号も貰ったちゅうわけだ。
 定直は、上前田にあった俊治の城は攻めに弱いちゅうことで、北側に菅沼川が流れておる台地に新しく城を作ったのが経蔵にある菅沼城で、前に俊治のおった城は菅沼古城いうわね。それは、今から600年くらい前の話だね。
 それから24年後に、こんだ徳川家康の先祖が攻めてきたもんで、また、戦争があったちゅうこと。上野新田郡世良田郷得川村(徳川村)から世良田親氏(せらだ ちかうじ)が、同志を集めて菅沼新三郎定直の菅沼城を攻めにかかったもん。定直は防戦に努めて一日一夜頑張ったけど力尽きて、和を乞うて親氏の旗下(きか)になったちゅうこと。世良田親氏は、その後、松平村の太郎左ヱ門尉信重に見込まれて、養子となって松平を名乗るわけ。この松平親氏ちゅう武将が、徳川家康の先祖になるちゅうことだね。
 わしんとこじゃ、その菅沼の殿様にお仕えをした家(うち)ちゅうことでね。ずっと後の殿様でね。菅沼の殿様が設楽(したら)の田峰(だみね)へ行っちゃったもんで、何事かあったら、うちの先祖に相談せよということで、うちの家には門があるだけど、閂(かんぬき)の付いた扉があってね。村の人は、そこの前を通る時にゃ、馬から降りて頭を下げて行かにゃいかんだったて謂われちゅうだか、人から聞いた話だけど。
 うちにゃ殿様から貰った証拠として「福禄壽」ちゅう書き物が保存してあるだけど。うちの先祖の原田彦三ヱ門重道ちゅうのが、文政9年丙戌年の5月下旬から8月下旬まで奉仕に行って帰ってくる時に、地頭所から「やるぞ」ちゅうてお土産に貰ったちゅうことだね。表には、あんまり食べちゃいかんとか、飲んじゃいかんとか、戒めが書いてある。贅沢をしちゃいかんちゅうことだね。10代くらい前の先祖かな、殿様の代理のようなことをやっとったですね。
 これは、今年3月に閉校になった菅守小学校の記念誌を作っとる時に出てきただけど、明治33年8月9日の日付で、菅沼尋常小学校の備品費として金2円寄付候、奇特に候事とあるだけど、愛知県知事はあるけど、感謝状とも領収書とも何とも書いてないね。それで、名前に様も殿も書いちゃない。原田三十郎は、わしの祖父でね。それより前の人は、わしゃ知らんだ。